目次

  1. 傘の骨、8本が多いのはなぜ!?
  2. 骨が多いほどどのようなメリット・デメリットがある?
  3. ラインドロップスでは12本骨と16本骨の傘をご用意しています

 

1.傘の骨、8本が多いのはなぜ!?

皆さんは、傘の骨の数を数えたことがありますか?

コンビニやお店で見かける定番の傘の骨は8本が多いのにお気付きでしょうか?

なぜ8本なのかと疑問に思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

その理由はイギリスで日常的に使うのに必要な条件の傘が開発され、それが定着したからなんです。

その時代、現在のようにカーボンやグラスファイバーといった軽くて丈夫な素材はなく、傘の骨が多くては重すぎて携帯するのに不向きでした。

携帯するのに便利な重さで充分な強度であること、差したときに充分なスペースを確保できる形、それが八角形であり、8本の骨でできた傘だったのです。

ですが、現在ではカーボンやグラスファイバーなどの素材を使うことにより傘の骨の軽量化が進み、16本や24本の骨でできている傘も増えています。

 

2.骨が多いほどどのようなメリット・デメリットがある?

では、傘の骨が多くなると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

傘の骨の数が多くなると強度が増し、より大粒の雨や台風などの強い風に負けない丈夫な傘を作ることができます。

台風でなくても普段から傘がひっくり返ってしまうほどの風が吹く地域の方は、傘の骨がカーボンでできていて、より骨の数が多い傘を使ってみてはいかがでしょうか。

また、傘の骨の本数が増えることにより、より円に近い形になるので、その分、傘でカバーできる範囲が広がり、雨で濡れる範囲が少なくなるというメリットがあります。

雨で濡れるのが本当にイヤという方には、骨の数がより多いものをオススメします。

 

他にも、ネームバンドでまとめずに持ち歩く場合、傘の骨が8本のときより畳んだときの布の広がりが少なくコンパクトに持ち歩けるというメリットがあります。

しかし、骨の数が増えることにより、ネームバンドでまとめたときにシルエットが太くなってしまうので気になる方にはデメリットかもしれません。

 

また、いくら傘の骨の軽量化がすすんだとはいえ、骨の本数が増えた分だけ重くなってしまうので、1日中持ち歩かなければならないというときには向かないかもしれません。

気になる方は、長い傘でなく、折りたたみ傘にして使わないときはバッグに入れておけるようにするなど工夫が必要です。

 

ファッションという観点からは、骨の数が増えることによって和傘のよう見えるので、レトロモダンなファッションに合わせるときや、和装のときなど16本や24本の骨の傘を合わせると見映えがいいというメリットもあります。

 

3.ラインドロップスでは12本骨と16本骨の傘をご用意しています。

ラインドロップスでは、バリエーション豊富な傘を取り揃える中、12本骨や16本骨の傘もご用意しております。

その中からオススメ商品をご紹介していきます。

 

【nugoo】 12本骨雨傘 椿

日本の伝統的な模様を取り入れ、意味を込めたモチーフをあしらったデザインと、グラスファイバーを使って作られた12本骨は280グラムととても軽く、伝統と近代の機能性が同居した一本となっています。
収納袋には便利なストラップが付いており、着慣れないと動きづらい和装のときでも安心して過ごすことができそうです。

商品詳細

【LINEDROPS限定】16本骨 プレーンアンブレラ バイカラー

シンプルな黒やネイビーの生地にカラフルなラインを一本引いたデザインの『プレーンアンブラレラバイカラー』は、ちょっと背伸びしたい学生さんや新社会人のOLの皆さんにもオススメなとてもかわいらしいデザインに仕上げてあります。
16本骨で耐久性が高く長く使っていただけるので、入学祝いや就職祝いにもいかがですか?

商品詳細

【One’s Plus】16本骨 プレーンアンブレラ 趣き 58cm

上品でシンプル、そして「オシャレ」。
買って使ってみたら、もう一度リピートしたくなる人気の傘です。
傘の骨は、グラスファイバーという素材を16本使って作られています。
16本骨ですが、素材がグラスファイバーなので軽くて丈夫な一本になっています。
カラーバリエーションも豊富なので、気分に合わせて使い分けるのもオシャレ上級者の使い方です♪

商品詳細