親子でお揃いのレインコート&ポンチョ

もくじ

1、親子で使えるお揃いのレインコート

2、親子で使えるお揃いのレインポンチョ

3、親子でリンクコーデもおすすめ

4、レインポンチョやレインコート以外にもお揃いのレイングッズ♪

5、親子で使えるレイングッズ♪

 

1、親子で使えるお揃いのレインコート

子どもはレインコートを着用する機会が多いものですが、大人はどちらかといえば傘のほうが身近な存在になるのではないでしょうか。

せっかくリンクコーデを楽しむのであれば、使用頻度の高いアイテムを使用するのがおすすめ。

同じデザインの傘とレインコートの組み合わせでも十分にお揃いコーディネートを楽しめるでしょう。

 

ラインドロップスの定番ブランドである「tenoe(テノエ)」は、同じデザインで複数のアイテムを展開しています。

大人向けのものから子ども用のアイテムまで揃っているので、リンクコーデを楽しみたいときにぴったりのブランドです。

こちらの「ひとりじめアイス」シリーズには大人や子供向けの傘やレインコートが見られます。

子ども用のレインコートは100㎝、110㎝、120㎝、130㎝と4種類あるので、身長に合わせてチョイスできますよ。

オンラインショップ限定 tenoe(テノエ) CASUALのキッズレインコート【ひとりじめアイス】

雨の日が楽しくなるカワイイデザインのレインコートです。スナップボタン式で開閉がらくらく♪背中のボタンを外すとタックが広がり、ランドセルやリュックを背負ったまま着られます。
UVカット率90%以上の生地を使用。

商品詳細

2、親子で使えるお揃いのレインポンチョ

レインコートもかわいいけれど、上半身をすっぽり包んでくれるレインポンチョもおすすめ。

こちらの「しゅわしゅわレモンサイダーシリーズ」はイエローとホワイトをベースにした、爽やかなデザインです。

頭からかぶれるレインポンチョはスナップボタン式になっているので、小さな子どもでも簡単に着脱できるのがポイントです。

大人・子ども向けの同シリーズの傘は雨晴兼用タイプになっているため、一年中リンクコーデを楽しめそうですね。

かわいいリュック型の収納袋がついています。

オンラインショップ限定 tenoe(テノエ) CASUALのキッズレインポンチョ【しゅわしゅわレモンサイダー】

初めてのレインウェアには頭からすっぽり着られるレインポンチョがおススメです。
UVカット率90%以上の生地を使用。

商品詳細

3、親子でリンクコーデもおすすめ

親子でリンクコーデをするときには、必ずしも同じデザインを選ぶ必要はありません。

たとえばkorkoのこちらの傘とkukka hippo(クッカヒッポ)のレインアイテムはブランドやデザインこそ異なるものの、「サンカク」というモチーフは共通しています。

誰から見てもお揃いとわかるリンクコーデはちょっと恥ずかしい…と感じている人は、さりげないリンクコーデにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ワンランク上のおしゃれ親子を演出できます。

korko(コルコ)の雨傘【サンカク

軽量生地+カーボン骨を使用した長傘は約200gと軽くて持ちやすい傘です。手元の先のシリコンは、テーブルや棚に引っ掛けたときに滑りにくくなっています。

商品詳細

kukka hippoのキッズレインポンチョ【サンカク 】

傘・テント・山・ロケット・木…子どもの身近にある三角の形をしたものを集めました。男の子も女の子も使える落ち着いたカラーも魅力です。

商品詳細

 

4、レインポンチョやレインコート以外にもお揃いのレイングッズ♪

ラインドロップスで取り扱うブランドの中には、傘やレインコート、レインポンチョだけではなく、レインブーツや折りたたみ傘などさまざまなアイテムを展開しているものもあります。

レインアイテム全てを同一シリーズで統一するのもいいですし、ワンアイテムだけさりげなく投入するのもおすすめです。

ワードローブやファッションテイストに合いそうなレインアイテムを、ぜひ探してみてくださいね。

 

5、親子で使えるレイングッズ♪

子どもがまだ赤ちゃんだからリンクコーデができないとあきらめていませんか。

ラインドロップスにはベビーカーカバーや抱っこカバーなどといった、赤ちゃんに使えるグッズも少なくありません。

「ひとりじめアイス」や「たんぽぽ」には、歩き始めた赤ちゃん向けのプレイウェアもありますよ。

成長著しい子どもにはその時々に合ったレインアイテムをチョイスして、雨の日を楽しみましょう!