日傘を使うのは大人になってからのイメージがあるかも知れませんが、
実は子供にも必要なものなのです。

実は一生に浴びる紫外線の50パーセントは20歳になるまでに浴びているのです。

子供の頃は全く日焼け対策などをせずともしみやしわなどもできませんし、
全く問題が無いと考えられているために子供の日傘は必要ないと
考えられていた結果です。

しかし実は紫外線による影響というのは体内で蓄積されるのです。

子供の頃にはその影響は出ないものの、
大人になってからその影響が出てしまうこともあるのです。

その時になってから日傘で紫外線対策をしたところで遅いのです。
早いうちから対策しておかなければ将来の美しい肌をキープすることが
できなくなってしまいます。

子供はまだ紫外線の恐ろしさや日傘の有効性を知りませんので
大人が早い段階で子供に日傘を使うように勧めなければいけないのです。

しかし問題はキッズ用の日傘が販売されているのかどうかということです。

子供でももう中学生くらいでしたら大人用と同じ傘を使うこともできますが、
もっと小さな子供の場合は大人用の日傘では挿しにくくなります。

実はキッズ用の日傘も販売されているのです。

幼稚園くらいの子供でもつかえるようなサイズのキッズ用日傘が販売されており、
紫外線カット効果が付属していますので子供の肌を美しいままで保つことができるのです。

そしてキッズ用ということもあり、かわいいデザインの日傘になっているのです。
赤ちゃんの場合はまだ挿すことができませんが、
乳母車などにキッズ用の傘を差して紫外線対策をすることができます。

子供は大人よりも皮膚が敏感ですのであまり紫外線に当たりすぎますと
炎症ややけどを起こす要因ともなりますので非常に重要なものとなります。