梅雨の様々な影響

梅雨の様々な影響

毎年6月ぐらいになると、日本列島を梅雨前線が北上します。この時期は日中も暗く、ジメジメとしていて、不快な気分になることが多いですよね。今回は梅雨によってもたらされる悪影響や、梅雨にしておきたい対策をご紹介します。また、梅雨の時期のお出かけがストレスにならないようなアイテムも厳選ピックアップしました。ぜひ、ご覧になってみてくださいね!

家の中の梅雨対策

家の中の梅雨対策

梅雨は地域によって差はあるもののおおよそ1ヶ月ほど続きます。そのため、室内環境に多くの影響を及ぼします。代表的なものはカビやダニの繁殖でしょう。湿度が80%ほどに達すると、カビやダニが繁殖し始めてしまいます。そのため、喘息などの呼吸器系の疾患を抱えている人にとっては空気をいかに清潔に保つかが重要となります。しかし、カビが繁殖することで肺炎を引き起こすこともあるため、健康な人であっても部屋の中の湿度対策はしっかりと行なっておく必要があります。

日常生活においても不便なことばかり。洗濯物が乾かないため、室内干しにすることで部屋の湿度がさらに上がってしまうのも困りますよね。

部屋の湿度を適切に保つためにもエアコンや除湿機を使って、湿度を40〜60%ぐらいで保つようにしておきましょう。最近の家屋は室内の温度を保つために気密性に優れたものが多いのですが、デメリットとして空気がこもりやすい点が挙げられます。

エアコンの手入れを頻繁に行い、カビの発生を防ぐことも大切です。掃除機を使ってこまめにエアコンフィルターにたまったホコリなども取りのぞきましょう。

さて、梅雨に避けられない問題が部屋干しです。部屋干し特有のニオイが苦手だという人は多いと思いますが、なぜそもそも部屋干しの際はニオイが強くなってしまうのでしょうか?

原因として考えられるのが、汚れを落としてきれていないため、たんぱく系の汚れについた細菌が繁殖してしまっているケース。早く乾かさないと繁殖が進んでしまうため、室内干しの際はできるだけ早く乾かすことが大切です。エアコンや除湿機を置く、室内が濡れない程度に窓を開けておくことで空気の流れをつくるように心がけましょう。そうすることで、早く洗濯物を乾かすことができるはずですよ。

梅雨の時期のお出かけ対策

梅雨の時期のお出かけ対策

室内の梅雨対策については、ある程度知識をつけておくことで快適に過ごせるようになりそうです。問題は梅雨の外出時です。できるだけ濡れずに、しかもストレスフリーに使えるレイングッズを紹介します。

ジメジメとしたいやな季節でも、お気に入りの雨の日グッズがあれば、快適に過ごせるはずですよ!

【korko】自動開閉 折りたたみ雨傘 55cm クローバーの花

カラーバリエーション

北欧のデザイナーたちが考案したテキスタイルを用いたファショナブルな傘。女性的らしいデザインですが、シンプルさもあり、使い勝手の良さが魅力です。雨の日の外出時は荷物を片手で持ちながら傘を開くのは難しいものです。少しでも開閉時の煩わしさを減らすために、自動開閉ボタン付きになっています。

商品詳細

【korko】 レディース サイクリングポンチョ アーバンハウス

カラーバリエーション

自転車通勤や通学の人のために作られた自転車用のレインポンチョです。風がふきつけても外れにくいフードや、中の衣服が濡れないような二重構造など機能面で充実しています。外出時の雨対策に大活躍することでしょう。

商品詳細

【kukka hippo】ベビーカーカバー しずく

カラーバリエーション

大切な赤ちゃんを雨風から守るためのベビーカーカバーです。花粉対策にもなるためデリケートな赤ちゃんの外出時には必須のアイテムといえるでしょう。お子様が確認できるように正面は透明カバーになっています。

商品詳細

【kukka hippo】【Disney】プレイウエア 90cm チップ&デール

カラーバリエーション

大切なお子様にプレゼントしたい、雨の日にポンチョと合わせて使いたいプレイウェアです。砂場遊びなど汚れを気にせずに遊ばせたいときにはおすすめです。

商品詳細

【kukka hippo】キッズ レインブーツ おさかな 子供用 15cm/17cm/19cm

カラーバリエーション

雨の日の定番、子供用の長靴です。可愛いお魚の絵があしらわれていて、使い勝手の良いブルーになっています。子供にとっては雨の日が待ち遠しくなるかも…。

商品詳細

梅雨に困りがちな室内の湿度対策とともに、雨の日の外出に使えるレイングッズを厳選して紹介しました。雨の日はこれ! というお気に入りのグッズを揃えて、梅雨の季節を楽しむコーディネートでお出かけしてみてはいかがですか?