そもそも日傘の効果とは?

日傘を使う男性

紫外線対策として女性が使っているイメージが強い日傘ですが、最近では男性用の日傘も多く発売されるようになりました。
夏の強い日差しを避けるためだけでなく、春先の紫外線が強い時期には「日傘がないと外に出られない」という人は多いのではないでしょうか?

今回は、そんな日傘のメリットをあらためて紹介するとともに、日傘をより長持ちさせるためのコツなども説明します。

・涼しさ

なんといっても日傘を使う最大のメリットは涼しさでしょう。「どうせ暑い日に外に出るんだから、そんなに大差ないんじゃ…?」と思っている人もいるかもしれませんが、実は日なたと日陰では大きな温度差があるのをご存知でしたか?
直射日光が当たっている箇所と陰に隠れているところでは酷暑の日で表面温度が20度近く変わるというデータもあるほどです!

つまり気温は同じであっても、日陰にいると体感温度がかなり変わってくるということですね。いつでも日陰を作り出せる日傘は熱中症対策にも非常に効果的です。

・紫外線カット

肌の大敵、紫外線。それだけでなく紫外線の浴びすぎは皮膚ガンを引き起こす可能性もありますから、できるだけ紫外線はカットしておきたいもの。日傘は通常の傘とはことなり、UVカット加工を施してあるものがほとんどです。
シミなどの原因となる紫外線はなかなか日焼け止めだけでは防ぎきれないものです。晴雨兼用の日傘もあるので、ご自宅に1本置いておくと良いですね!

・おしゃれ

日傘は雨傘とは違う、ファッション性の高さがあります。その日の服のコーデに合わせて雰囲気のあった日傘を選べると、出かける楽しさが増えるのではないでしょうか?
「日傘というとどうしても小洒落た印象が強すぎて、なんだか抵抗がある…。」という女性は多いのではないでしょうか?シンプルなパターンの日傘から、可愛らしいパターンが入った日傘までたくさんの種類があるので、きっと自分にぴったりの1本が見つかるはずですよ!

日傘の紫外線カット効果

それでは、紫外線をカットする効果にこだわりたい人向けに、色や素材によってどの程度、差があるのかみてみましょう。

・白と黒の効果の差

紫外線対策には黒色がおすすめです。白色は紫外線を反射するのに対し、黒色は紫外線を吸収するといわれています。いずれにせよほとんどの日傘はUVカットのための薬品を表面に塗っているので、最初はどちらの色の日傘でも紫外線カットの効果は変わらないと考えてよいでしょう。
しかし、UVカット加工は時間とともに落ちていき、効力が薄れていってしまうので、そうなると黒色のほうが紫外線吸収効率が良いです。照り返し対策にも黒色のほうが良いと言われています。

最近では、外側は白色で明るいイメージに、内側は黒色でしっかりと紫外線対策ができる傘も販売されていますよ。

・生地の種類の効果の差

日傘には大きく分けて「天然素材」のものと、「ポリエステル製」のものがあります。天然素材(綿や麻など)は繊維が劣化しやすく長持ちしにくいですが、軽い質感で心地よい涼感があります。一方で、紫外線に強いのはポリエステル素材の日傘です。

日傘を使う女性

日傘の紫外線カット効果の持続期間

黒い日傘をさす女性

それでは、日傘の紫外線カット効果がどれだけ長持ちするか、寿命についても知っておきましょう。

・一般的な持続期間

基本的には日傘のUVカット機能の効果が持続するのは2-3年と言われています。しかし、使用頻度や保管方法によっても変わってきます。頻繁に使用する人だと開閉時の摩擦などでUVカット効果が落ちるのが若干早くなる可能性があります。

・長持ちさせるためには

長持ちさせる方法はずばり2つです。

  • 使ったら半開きにして乾かす(全開にすると生地が伸びきってしまうものもあるため)
  • 車内など高温になる場所で放置しない

汚れが気になる際は、中性洗剤を薄めてぬるま湯で洗い流しましょう。

・復活させることはできる?

UVカットスプレーをかけることである程度古い日傘でも効果が復活する場合があります。しかし、天然素材のものだと劣化により繊維の隙間ができ、そこから紫外線が入り込む場合がありますので、その場合はUVスプレーでも効果が出づらいでしょう。

まとめ

日傘と使用するメリットや選び方、長持ちさせるメンテナンス方法について紹介しました。紫外線が強い春先から夏本番まで活躍する日傘、ぜひお肌の健康のためにもまだ日傘を試したことがない人は試してみてはいかがでしょうか?

レディース日傘