LINE DROPS-雨の日が待ち遠しくなる傘の専門店です-

our project

名古屋から地球を
考えるプロジェクト

熱中症から守るために

日傘は【持ち歩ける陰】として、暑さ指数の低減効果があります。
(株)小川は外出時には熱中症対策に日傘を提案し、推進・啓発活動を行っております。

Where does heat stroke occur?

熱中症の発生場所は?

中症の発生場所は、屋外61%、屋内20%!
圧倒的に屋外で発症する事が多いことがわかります。
外出時には熱中症に対して十分な対策を行ってください。

グラフ

It has such an effect!!

屋外熱中症対策

日傘の熱中症対策効果

※1

真夏の日差しを想定した太陽光を
浴びせた時(再現)のサーモグラフィ実験

result
飾り

日傘を使わないと短時間で
被服や頭部が光熱を帯びる
結果となりました

飾り

※室内気温・湿度によって表面変化の少ないマネキンを使った実験

※株式会社小川自社試験による実験値であり、保証値ではございません

熱中症予防のお薦めアイテム
について伺いました

これまで色々な日陰の研究に取り組み、暑熱環境緩和効果が高い環境は、建物陰や樹木陰であることを示してきました。
しかし、これらの日陰はいつでも、どこでも利用できる訳ではありません。
そこで、日傘の出番です。日傘は、建物や樹木に比べればはるかに安価で、しかも持ち運びができます。「持ち運びできる日陰」、それが日傘なのです。熱中症対策として日傘をお薦めします。

大同大学 工学部 建築学科 渡邊慎一教授

室内および屋外における暑さ寒さの専門家。
日傘、コタツ、運動会などユニークな研究を
進めている。
最近は、
熱中症の予防に関する
研究に力を入れている。

渡邊慎一教授

LINE DROPS

熱中症ゼロへ

our report

活動報告

Report number.01
写真

さいたま打ち水大作戦 日傘体験会

夏を涼しく過ごすための昔ながらの工夫である打ち水を参加者全員で一斉に行い、涼しさを体感するイベント。
埼玉県ブースと合同で、夏の暑さ対策・熱中症対策として普及を進めている日傘の効果を、参加者に体感してもらう日傘の体験会を開催しました。

Report number.02Report number.02
写真

ハハノワ 日傘体験会

ママに『ありがとう』を伝えるイベント【ハハノワ 2019 名古屋】。炎天下の中、日傘の効果を親子で知ってもらおうという日傘体験会を実施しました。子供の日傘をはじめて手にする親子が多く、日傘の効果を実感していただきました。

Report number.03
写真

男性用・子供用の日傘開発

これまで日傘は主に女性用として使われてきました。弊社としては女性用はもちろん、他社に先駆けて2014年には男性用の日傘、2019年には世界初の子供用の日傘の開発、発売を行ってきました。老若男女が使いやすい日傘研究を行っています。

information

プロジェクト新着情報

取扱商品一覧取扱商品一覧