お天気の良い日に、ベランダなどに傘を広げて、カラカラに干しているのを
見かけることがあります。気持ちはわかりますが、「傘は使ったらすぐ陰干し」が基本。
お天気になるのを待っていては、その間に雑菌が繁殖していやなにおいが
ついてしまいますし、湿ったまま置いておくのは、型崩れや、骨・金属部品の
サビ等の原因にもなってしまいます。

天日で乾かすのも、傘にとっては好ましくありません。
生地の変色や劣化を進めてしまいます。
風通しの良い場所で、広げた状態で陰干しにし、
しっかり乾いたらぴしっとシワを伸ばします。
保管は、お日様や蛍光灯の光が当たらない場所でしてください。

普段のお手入れならこれだけで充分ですが、
雨には微量ですが汚れが含まれていますので、
何回かに一度はシャワーで洗い流してから乾かすとよいでしょう。
汚れが付いてしまっても、早目のお手入れで気にならない程度まで落とせます。
ぬるま湯に中性洗剤を薄めに溶かし、スポンジにしみこませて
軽く叩くように拭きます。

撥水性が落ちてきたなと感じたら、天気のよい日に屋外で
市販の防水スプレーを傘全体にスプレーしましょう。
ただし、洗剤や防水スプレーを使う場合、まれに変色することがありますので、
傘を留めるベルトの端など目立たないところで試してから使用してください。
もし自分でやるのが不安でしたら、傘のクリーニングをしてくれるお店もあります。