晴雨兼用傘は本当に雨の日でも大丈夫?

最近よく見かける「晴雨兼用傘」の表記。実は「晴雨兼用」と「雨晴兼用」と、2つの表記があるのをご存知でしょうか? 実はどちらの表記なのかによっても、選び方が少し異なってきます。雨の日でも使える日傘なども多く販売されていますが、「雨の日に使うとUVカット機能が薄れたりしないの?」と心配な人が多いのではないでしょうか?

今回は何かと疑問が多い、晴雨兼用の傘について説明していきます。

晴雨兼用傘の定義

まず晴雨(せいう)兼用傘とはどのような傘のことなのか確認しておきましょう。晴雨兼用とは文字通り、晴れの日は日傘として、雨の日は雨傘として使える傘です。これは基本的に日傘に防水加工を施したタイプです。

反対に雨晴(うせい)兼用傘というタイプもあります。こちらは先ほどと反対で雨傘にUVカット加工などを施したものになります。中には雨傘ながら、日傘のような刺繍などが付いているおしゃれな兼用傘もあります。

日傘

晴雨兼用傘はどのくらいの雨に耐えられる?

傘に当たる雨

それでは、晴雨兼用傘は実際どのぐらいの強さの雨に耐えられるのでしょうか?結論からいうと、ちょっとした雨であれば問題なく機能しますが、土砂降りのような強い雨だと、耐久性において雨傘に劣ることもあるようです。

雨傘は通常ポリエステル素材を用いていますが、兼用の場合はポリエステルと綿の混合素材になっているものもあります。もちろん、綿が入っているからといって極端に防水性が落ちることはありませんが、雨でもしっかりと使える傘を選ぶのであればはっ水性に優れたポリエステル製の兼用傘を選ぶことをおすすめします。

また、雨傘のほうが基本的にサイズも大きく、傘の骨も雨風に耐えるために頑丈につくられています。雨をカバーできる範囲が広く、風も考慮してつくられている雨傘はやはり、雨専用だけあって日傘に防水加工を施した傘よりは強い雨に耐えられそうです。

晴雨兼用傘のタイプによっては、刺繍が入っている兼用傘は、製造時に針で小さな穴が空けられているので、その穴が経年劣化などで広がってくると、耐水性は劣ってしまう可能性があります。

そのため、普段は日傘として使用していて、急な雨の際のときにも使える傘、として使用することをおすすめしています。

本格的な梅雨シーズンや強い雨風が予想される台風時には頑丈な雨傘を使用するのが好ましいでしょう。

晴雨兼用傘と日傘のUVカット効果を比較

さて、晴雨兼用傘を選ぶ上でいちばん注目されているのがUVカット効果ではないでしょうか?

素材に関して、最もUVカット効果が高いのはポリエステル素材です。ポリエステル素材のものであれば、特にUVカット加工などをしていなくても、紫外線を遮る効果は高いと考えられます。

黒色などの濃い色は紫外線を反射せずに吸収するため、傘の裏面が黒色だと、路面からの紫外線の照り返しにも対応できます。晴雨兼用傘のなかには、雨の日も考慮してポリエステル製のものも販売されていますが。これはUV対策の上でも効果を発揮しているのですね。

しかし、ポリエステル製だと、デザインによってはどうしても雨傘っぽく見えてしまうこともあります。日傘のようなおしゃれさにこだわりたい場合はどんな晴雨兼用傘を選べば良いのでしょうか?

昨今の日傘は、繊維にUVカット効果のある吸収剤などを練り込ませた傘が多いです。経年劣化によってこのUVカット効果が薄れていってしまうので、数年おきに買い換える必要はありますが、デザインのことを考えると暑い時期に涼しげな印象を与える綿や麻素材の晴雨兼用傘も捨てがたいですよね。

傘の先につく雨

まとめると、UVカット効果と防水性・撥水性にこだわるのであれば、濃い色目の晴雨兼用傘を。デザインにこだわりつつも、ちょっとした雨の時は気軽に使える傘が欲しい場合は日傘にUVカット・防水加工がされた晴雨兼用傘を選んでみてはいかがでしょうか?