傘の手動式の歴史

備えあれば憂いなかった、と折り畳みを取り出す人、
大切な宝物を触るようにそっと開く人を梅雨の時期はよく見かけます。

色も、大きさも、その人に合わせたようで、
すれ違う傘たちが挨拶を交わしているようです。

一言で傘と言っても、色々な種類があります。

指一本でバサッと元気よく開くジャンプ式や、
静かに真っ直ぐに開く手動式、

それだけでも性格がちがいそうです。
骨の数も一種類ではありません。

傘は、約4000年ほど前から使われるようになりました。
ある学者の考えでは、最初はエジプトから始まり、
その後中国を経て、各国に広まったといわれています。

そして、日本に傘が来たのは6世紀ごろだったといわれています。
当初の傘は、開閉が出来なかったようです。

その後、イタリアで手動式の傘は発明されました。
手動式の傘が日本に取り入れられたのは、豊富秀吉の時代でした。

江戸時代に頃にもなると、当初高級品として使われていた傘も
だいぶ庶民に普及してきたのです。

現代では、傘を持っていない人はいないほどの、日用品の一部となりました。
そして、様々な種類の傘が発明されています。

そんな中8本、16本、24本と違いがあるのを知らない人も
いらっしゃるかもしれません。

手にとってみると、その違いは確かに伝わります。

一般的には、16本が美しい、と言われますが、デザインや
手に持ってなじむ感じ、さして歩くときの重さなど
これだ、というものに出会えた時は、
次に雨が降るのが待ち遠しくなるかもしれません。

頭上に開いたお気に入りを見上げたとき、
思わず心が浮かれるような宝物との出会いが、誰にも待っているのです。

一覧に戻る

OGAWA FUNCLUBに入ってもらっちゃお!

小川女子の愛されSTYLE

2012.11.15
傘選びで迷ったら…アンブレラ・マスターに聞け!

小川ってどんな会社?

株式会社小川を見る

よくある質問

注文してから何日で届きますか?
配送にかかる日数の目安は、商品・地域・お支払い方法により異なります。
できるだけ早く欲しいのですが。
最短での出荷をご希望の場合は、買い物カゴの配送希望日を『未選択』の状態でご注文ください。

お客様の声

  • 二回目の購入になりますが、前回同様、連絡も丁寧で、すばやい発送、梱包もしっかりしていました。ぜひ、また利用したいです!(30代/女性)
  • 中学生の姪の入学祝いに購入しました。カワイイカラーが嫌いだったので、ネイビーにしました。発送も早かったみたいで、お礼のメールがすぐに来ました♪とてもいいプレゼントになりました!(30代/男性)
  • ネイビーカラーの傘を購入しました。商品の写真どおり、すごくカワイイデザインで、傘も大きめなので身体がしっかりと入り、雨に濡れずに済みます。友人からの評判も良くて、とてもいいです☆(30代/女性)
  • メール連絡はとても丁寧でした!発送も早く 梱包も丁寧。傘は想像していたよりも品質がとても良くすごく気に入りました。(40代/男性)
  • 大人用で1枚1枚色が違う生地の傘が珍しいなと思いました。パソコンで見ると、傘の色が暗い感じがしましたが届いたものは色も明るく、ウキウキするような色合いでした。「早く雨降らないかな~」と思ってしまうような傘です。(30代/女性)
  • 箱を開けたところメッセージが付いており、大切に使おうという気持ちになりました。UVカット率・遮光率100%の日傘も出たらいいなーと思いました。ありがとうございました。(50代/女性)
もっと詳しく見る(楽天)